So-net無料ブログ作成

VW新型「ティグアン」発表会

フォルクスワーゲン、コンパクトSUV新型「ティグアン」発表会

IMG_3018.jpg

IMG_3015.jpg

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は1月17日、2代目となるコンパクトSUV「ティグアン」を発売し、「東京国際フォーラム」にて報道関係者向けの記者発表会を開催。

IMG_3016.jpg

久々に訪れた「東京国際フォーラム」。建築家「ラファエル・ヴィニオリ」氏によるもので、「船」をイメージされたもの。

IMG_3019.jpg

IMG_3021.jpg

今回の記者発表会は、スタンディングスタイル。Volkswagenは毎度の事だが会場演出が素晴らしく、音響、照明などにも拘っている。各テーブルにも、「ティグアン」ロゴ入りのテーブルライトが灯る。

IMG_3104.jpg

来場者には記念品の一つとして、新型「ティグアン」ロゴ入りのオーダーメイドマカロンが。

IMG_3030.jpg

フォルクスワーゲン グループジャパン株式会社 代表取締役社長 ティル・シェア氏より、フォルクスワーゲンの世界と日本における新戦略についての紹介され、SUV攻勢の第1弾となる新型「ティグアン」の詳細な解説が行われた。

IMG_3041.jpg

15.jpg

会場内に展示された新型「ティグアン」をダンサーが踊りながら巡るというゴキゲンな演出。新型「ティグアン」のアクティブなユーザー層をイメージしたダンスだ。

IMG_3048.jpg

新型「ティグアン」 TSI ハイライン。オプション装着車。

IMG_3051.jpg

アウトドアライフに必須の専用ルーフボックスがよく似合うクルマである。

IMG_3052.jpg

リアデザインも完全な新設計。SUVであるが、そのデザインは躍動的でスポーティである。

IMG_3050.jpg

オプションでは、大口径の20インチアルミホイールを用意。235/45R20タイヤと組み合わされる。

IMG_3055.jpg

TSI ハイライン、RラインはLEDヘッドライトが標準装備。ポジションランプは、上部のラインとロービーム内が点灯する。その輝きは国産車に比べ、白く鮮やかである。

IMG_3056.jpg

ターンシグナルも高輝度LEDを採用し、視認性も極めて高い。

IMG_3064.jpg

LEDヘッドライトは、純白の発光で(6500ケルビン程)視認性も非常に高い。

IMG_3060.jpg

01.jpg

LEDリアコンビネーションランプは、スポーティな印象を見るものに与えるもの。

IMG_3045.jpg

新型「ティグアン」の日本仕様ではすべて前輪駆動で、4モーションは未導入。全てのグレードのエンジンは共通。直列4気筒DOHC 1.4リッターターボのTSIエンジンに、6速DSGが組み合わされる。最高出力は、150PS/5000-6000rpm、最大トルクは250Nm/1500-3500rpm。初代モデルに比べ30PSほど出力は低下しているが、1500rpmから3500rpmの実用域で10Nm強化されており、動力性能に遜色はない。JC08モード燃費は10%の向上を図り、14.6km/Lから16.3km/Lとなった。また気筒休止システムの「ACT」とアイドリングストップ機能の「Start&Stopシステム」、ブレーキエネルギー回生システムの「ブルーモーションテクノロジー」を装備。

IMG_3059.jpg

エキゾーストエンドは2本出し。

IMG_3076.jpg

IMG_3077.jpg

TSIハイラインの「サフラノオレンジレザー」のインテリア。シートの質感も高く、アグレッシヴな印象を受ける。後部座席も大人が足を組んでくつろげるほどの広さを誇る。

IMG_3075.jpg

TSIハイラインには、3メモリーのパワーシートを装備している。

IMG_3074.jpg

ミラー調整レバーやパワーウインドウスイッチは、使いやすくホワイトの透過照明が灯る。

IMG_3070.jpg

メーターマニアの筆者。このクラスでは、世界でも類のないグラスコクピット式のメーター類。高精度モニターにはバーチャルのメーター類が表示されるが、その鮮明な表示は驚きだ。

IMG_3053.jpg

エンジンOFFの状態では、ドアの開閉状態などが表示される。

IMG_3067.jpg

エンジンONの状態の「アクティブインフォディスプレイ」。メーターのデザインの変更や(写真はクラシック表示)ナビゲーションも表示可能。 TSIハイライン、Rラインで標準装備される。

IMG_3072.jpg

「アクティブインフォディスプレイ」の高い解像度には、同社上級車種である「パサート」同様非常に見やすい。斜めからでもこれだけ高い視認性を誇る。一見の価値アリ。

IMG_3073.jpg

ヘッドライトスイッチはVolkswagenではお馴染みのダイアル式を採用している。ホワイトの透過照明が灯る。

IMG_3098.jpg

ナビゲーション付き純正インフォテイメントシステム。TSI ハイライン、Rラインが「Discover Pro」、TSI コンフォートラインでは「Composition Media」を採用している。

08.jpg

「つながるSUV」と称して、全グレードで「フォルクスワーゲン Car-Net」を装備しているのも注目だ。「App-Connect」を利用し自らのスマートフォンを接続することで、コントロールが可能になる。iphoneではApple「Car Play」、Androidスマートフォンでは、Google「Android Auto」と「MirrorLink」の接続に対応。

「Discover Pro」では、Wi-Fi機能を利用してスマートフォンのテザリング機能や各社のモバイルルーターを接続することで専用サーバーと通信可能。カーナビゲーションの検索機能を向上させるテレマティックス機能や、オンラインVICS交通情報、Google社ストリートビュー&アースのほか、ガソリンスタンドの価格情報、駐車場の空き情報、ニュース、天気予報などもドライバーに提供できる。

IMG_3099.jpg

シフトレバーは、他のVolkswagen同様質感が高い。エンジンstop/statはボタン式を採用。

◆TSI R-Line

IMG_3092.jpg

IMG_3093.jpgIMG_3095.jpg

TSI R-Lineは19インチ専用アルミホイール、エクステンションやサイドスカート、スポイラーなどを装備しよりスポーティに仕上げたモデルで、新型「ティグアン」の最高峰モデルとなる。

IMG_3101.jpg

IMG_3102.jpg

全長4500mm×全幅1840mm×全高1675mm。前モデル比で、全長が70mm、全幅が30mm拡大し、全高は35mm低く、ワイド&ローなスタイリングでよりスポーティなエクステリアデザインとなった。ホイールベースは70mm拡大され2675mmとなり、室内長では26mm、リアシートスペースでは29mmほど広くなった。リアシートには前後の180mmのスライド機能が備わり、最大で前モデルより145L広い615Lに拡大された。

IMG_3084.jpg

VolkswagenのSUV攻勢の第一弾モデル新型「ティグアン」。水平基調のスポーティなエクステリアにトルクフルな走り、そして、世界最高レベルの安全性、先進技術を惜しみなく投入されて日本上陸を果たしました。近日、じっくり試乗を敢行し、続編をお届け致しますので、お楽しみに。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/


nice!(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 1