So-net無料ブログ作成
検索選択

ルノー新型トゥインゴ上陸

新型ルノートゥインゴRRレイアウトで日本上陸

03.jpg

02.jpg

 04.jpg

ボディサイズは3620×1650×1545mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2490mm。全車右ハンドルで車両重量はインテンスが1010kg、インテンス キャンバストップが1030kgとなる。パワートレーンでは「H4B」型の直列3気筒DOHC 0.9リッターターボエンジンを採用し、最高出力90PS/5500rpm、最大トルク135Nm(13.8kgm)/2500rpmを発生。6速デュアルクラッチトランスミッションの「6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)」と組み合わせ、アイドリングストップなども備えてJC08モード燃費は21.7km/Lを実現する。(写真のキャンバストップは本国仕様)

06.jpg

07.jpg

08.jpg

10.jpg

50台限定のパックスポールはトゥインゴのインテンスをベースに、通常モデルから1インチアップとなる16インチアロイホイール(JUVAQUATRE)を標準装備している。ホワイト系のボディにブラックのフェンダーモール、サイドスカート、レッド塗装のドアミラーやフロントグリルフィニッシャーなどを装着してスポーティなイメージを強調。レッド&ブラックの車内でも、ファブリック&レザー調コンビシート、レザー調メータークラスターなどを使ってスポーティな印象を演出している。

11.jpg

13.jpg

12.jpg

50台限定のサンク Sは通常モデルとはエンジンが異なり、「H4D」型の直列3気筒DOHC 1.0リッター自然吸気エンジンを搭載。最高出力71PS/6000rpm、最大トルク91Nm[9.3kgm]/2850rpm)と5速MTを採用しているのもトゥインゴオーナーの筆者としては嬉しい。

販売は9月15日。価格は189万円~199万円。また、このデビューに合わせて新型トゥインゴの限定車「トゥインゴ パックスポール」「トゥインゴ サンク S」を発表する。

筆者は日本上陸第一号の「トゥインゴ」に乗り今年で21年目を迎えています。 トゥインゴの特集記事を下記にリンクを組んであります。是非、ご覧下さい。

m_DSC00656_convert_20100501024804.jpg

初代トゥインゴ

m_sRIMG00020020(62).JPG

2代目トゥインゴ

50.jpg

今回日本上陸を果たした3代目トゥインゴ

ルノー「トゥインゴ」徹底研究Vol,1 http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/2010-10-09

ルノー「トゥインゴ」徹底研究Vol,2 http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/2010-10-12

ルノー「トゥインゴ」徹底研究Vol,3 http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/2010-10-13

 

m_emblem_Renault.jpg ルノージャポン http://www.renault.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0