So-net無料ブログ作成

車検対応LED H4ヘッドライト

車検対応!!後付けLED H4ヘッドラントファンレス仕様

 R0010120.jpg

筆者はカー用品誌にて連載を持っているため、過去に数多くの「HID」を試してきた。「HID」の次は後付けの「LEDヘッドラント」の時代かな?と思いながらも、実際に存在しています。しかし、車検に適合する商品は 皆無に等しいのです。検索エンジンを駆使して探してみると、見つけました。「LEDヘッドライト」でハイローの切り替えができるH4。しかも、オークションなどに多く出品されている同製品にはLEDを冷却するために巨大なファンが装備されていますが、こちらの製品はなんとアルミのヒートシンクのみ。そう、ファンレスなのです。そのため、取り付け車種を選びません。それこそ、「HID」のようなバラストなどを引き回すことなく、純正のハロゲンを差し替える感覚で3000ルーメンもの明るさが手に入るものです。まずは商品紹介ですが、今後愛車に実際に装備して「LEDヘッドライトファンレス」のレビューをお届けします。

R0010129.jpg

パッケージのコンパクトさをお分かり頂けるように手持ちの「iPhone6 plus 」との比較。

R0010122.jpg

箱を開けると内容物はなんとバルブと電源コードのみ。これをみて「HID」から「LED」後付けヘッドライトの時代到来と直感しました。

R0010123.jpg

「LED H4ヘッドライトファンレス」には、HI/LOWの素子が並んでいます。唯一とも言える車検を通過するためにグレアを抑え、カットライン、光点を出すことに成功。明るさも「HID」に肉薄する3000ルーメンを実現しました。実際「東京運輸支局」にて、マルチリフレクター丸型、四角型、カットレンズ、丸型、四角型にて車検の合格を実証している逸品です。

R0010124.jpg

「LED H4ヘッドライト」のネックであった冷却用ファンを見事に取り除くことに成功。完全なファンレス構造です。冷却フィンには放熱性、耐食性に優れたA6063合金を使うコダワリ。冷却ファンが装備されていますと、エンジン内の油ボコリ、黄砂などを吸引し、LEDの寿命よりファンが先に使い物にならなくなり、LED本体の冷却不足、LED破損、未点灯に繋がります。保安部品ですので、信頼できる製品を是非とも選んで欲しいところです。

R0010125.jpg

電源コードとは言ってもあまりにコンパクト。装着は純正のハロゲンを交換する時間となんら変わりません。何しろ、純正のカプラーを外して、「LED H4 ヘッドライトファンレス」のカプラーを差し込むだけなのです。そのため、女性でも簡単に装着可能。「HID」のようにバラストから延びた配線をエンジンルームに設置して、 引き回すような面倒な作業とは、おさらばです。

R0010127.jpg

取り付けは純正のハロゲンを外し「LED H4ヘッドライトファンレス」のコネクタを車体側に差し込むだけ。

R0010128.jpg

電源ボックスの大きさ比較。SDカードと比べてもこのコンパクトさ。取り付け場所に悩む必要も皆無です。

次回は実際に愛車に装着し、「LED H4 ヘッドライトファンレス」のレビューを長期に渡り行いますので、是非ともお楽しみに。これは、筆者も久々に、゛イイモノ”に出会えた予感です。

装着&テスト編はこちらへ

http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/2015-02-01

「LED H4 ヘッドライトファンレス」お問い合わせ先:ラッキーウイングTEL.03-3635-7600(代表)

http://luckywing.com/

 head.jpg


nice!(8) 
共通テーマ:自動車

nice! 8